FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.02.09(Mon)

『読書』 Comment(2)Trackback-
ときどき、夜中に目が覚めて、そのまま眠れなくなるときがあります。
ちょうど丑三つ時の2時とか3時。
交感神経と副交感神経がうまくいってないのかな、と思うのだけど、
思えば思うほど眠れない。
昨日はそんな夜でした。
どうしようもなくて、読みかけの本を読んでしまって、ますます眠れず、
今朝はそのまま4時半に起床。朝は、寒い!

・真夜中の電話に出ると「もう僕をさがさないで」とウォーリーの声
    ・・・・枡野浩一『てのりくじら』

枡野さんの『てのりくじら』は今一番読みたい歌集。

地元の図書館にはないし絶版になってしまって本も手に入らない。
神田の古本屋街にじゅうぶん時間をとって行けたらな。


本、相変わらず読んでいます。
読んだ順に。

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)
(2013/03/14)
万城目 学

商品詳細を見る


期待を裏切らないとても楽しい本でした。
小学一年生の「かのこちゃん」と、
犬の旦那様を持つ優雅なねこ、「マドレーヌ夫人」の話。
かのこちゃんの友情に熱くなったり、マドレーヌ夫人の夫婦愛に熱くなったり。
ほっこりしたお話なのに、またまた最後はうるっと泣いてしまいました。
(涙腺の弱いわたしです。)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)
(2011/11/23)
又吉 直樹

商品詳細を見る


最近わたしのなかで大ヒット中の又吉さんです。
大ヒットしているのは私だけじゃないみたいで、
『文学界』に初の小説が載って、それが高く評価されているとか。
私の中では大いにうなづけています。
文章力が、たぶん半端ない。読書量もすごい。
そうしてものの見方に愛情があふれていて、つらいくらい。

私の読書は純文学からはじまっていて、
実は実は、
太宰治も芥川龍之介も夏目漱石も川端康成も谷崎潤一郎も、だいすきです。
この『第二図書係補佐』は、又吉さんのすきな本、それも純文学系がたくさん紹介されていて、
私にはとてもよかったです。
読んだことがあるものもないものも、
また、どんどん触れたくなってます。

てんとろり 笹井宏之第二歌集てんとろり 笹井宏之第二歌集
(2011/01/24)
笹井 宏之

商品詳細を見る


ほかにもいろいろ読んだのですが、
強烈に印象に残ったのがこの歌集。
笹井宏之さんの第二歌集です。でも、
笹井宏之さんは、26歳という若さで、この歌集の刊行も知らないまま、
この世を去ってしまっています。

鋭いナイフのような感受性と、
身体の不自由で、小学校の中学年からのほとんどをベッドに寝たきりで過ごしたという笹井宏之さん。

・本当は誰かにきいてほしかった悲鳴をハンカチにつつみこむ
             ・・・笹井宏之 『てんとろり』

こんなに幾首も抜き出した歌集はないなって思うほど、すきな歌がたくさんありました。

しばらくその余韻で生活してます。


なんだか曇り空な内容になってしまいました。
そうそう、最近着物を着てちょこちょことおでかけしています。
(近所を着物で歩くのは気がひけるので、都内や高崎などの所用の際に。)


 くるりの木綿×唐草模様の帯

着物女子のお友だち(先日のタイカレーのお友だち)に、
「自分にはサイズが大きかったから」、といただいちゃいました。
コーヒー色のくるりの木綿着物。重宝します♪
唐草模様の帯はヤフオクで1400円でした。ちょっとぶかぶかしていて締めにくい。
ギュッと締めながら巻いてます。
右のむらさきのは化繊の長羽織。何を思ったか着画を載せてみました。ひえ~。

くるりの木綿に羽織

裾すぼまりに着ることと、私はお尻がでかいので(> <)
補正をいろいろ模索している最中です。
(お太鼓の先が跳ね上がるときがある。外を歩くの、やっぱり不安です。)

なぜこんなにも着物に惹かれるのかわからないけど、
着物を着るのも眺めるのも今とても楽しい。
母のたんすにいろいろあるのを見つけてしまったので、
今年もちょこちょこ楽しんでいきたいです。




スポンサーサイト
コメント
コメントありがとうございます。
短歌や読書のことにayasonさんからいろいろお話うかがえて、楽しいです。

短歌は、であったとき、ぐっと言葉に詰まってしまうことがあります。
心の中を言いあてられた時のようにどきっとします。
さびしいこと、かなしいこと、ずるい気持ち、プライドの問題、
中身をざらっと見せてくれる短歌をよむと、
自分だけじゃないんだな、ってホッとしてしまいます。ちいさいな、自分(笑)

お嬢さん、本が本当に大好きなんですね。
アンデルセンの「絵のない絵本」・・、そういうのも楽しめるなんて、
活字好きな大人になりそうですね♪ayasonさんとご一緒ですね。


komado** 2015.02.12 09:15 編集
komadoさんチョイスの歌、
どれも胸にグッと来ます・・

深夜、眠れない時。
自分以外の世界が消えて、このまま朝が来ないんじゃないか、という孤独感を感じること、ありますよね。
とても静かな住宅地に住んでいる私は、自分の心臓の音が聞こえるぐらいの静寂が本当にさみしい時がありますよ!

純文学。
長い間、読み継がれる本には、やはりとても魅力があるように思います。

何度読んでも、その時代、その場での気付きが沢山あるような。自分も変化しているからなんでしょうが、「今だからわかること」に気付くのって、大人の数少ない成長の瞬間ですよね・・
あ、私の成長がほとんどないだけかもですけど(笑)子供の、読書からの吸収量がものすごいので!

今、我が子はアンデルセンの「絵のない絵本」を読んでますよ~!
ayason 2015.02.11 09:50 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

komado**

Author:komado**
2人姉妹の母komado**です。

カタリ、コトリ、と小窓のとびらをときどき開けて、
日々のことを 綴っていきます。

※2015年~児童書の作家として活動しています。

※こぎん刺しの活動記録はこちら→☆hitoharico通信にて

ねこの風つくり工場
 
偕成社より 『ねこの風つくり工場』

528500.jpg

風つくり工場 第2弾 
 ~『工場見学のお客さま』

ねこが工場で風をつくっているお話です。
小学校中学年~



 

▼ カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ カテゴリ
▼ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼ リンク
▼ ありがとうございます**
▼ 検索フォーム

pagetop ↑

Copyright © 2018 komado** all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。