FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもが読んでいる本

2015.04.27(Mon)

『こども』 Comment(0)Trackback-

今日は、
いつも書いておこうと思ってなかなか残せずにいる、わが家の娘2人の読書記録を。

2人とも、なかなかの「本の虫」に育っています。
図書館が大好きで、「行こう行こう」といつも言います。
なので最近は図書館毎週です。

ちなみに、読む本には、私は口を出さないようにしています。
(あれもいいよ、これもいいよ、ってすごく口を出したくなるんだけど・・・、
めずらしく、ここはがまんしてます!)

彼女たちそれぞれがどんな本をえらぶのかな、って、
私自身とっても興味があるのと、
それは、彼女たちを客観的に見るための、母親としての材料になるのかな、とちょこっと思って。


長女ピィチク8歳(小学3年生)のほうが今はまっているのはこの2つのシリーズ。

おちゃめなふたご (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)おちゃめなふたご (ポプラ社文庫―世界の名作文庫)
(1982/03)
エニド ブライトン

商品詳細を見る


めちゃくちゃなつかしいです。
イザベルとパット、という二人のふたごの寮生活のおはなし。

私も小学生のころ読みました。

私の実家でこの最初の一冊を見つけてきて、読み始め、
そのあとの4冊を図書館で借りてきて読んでいます。
(わたし自身はたぶん最初の一冊しか読んだことがありません。)
絵が可愛くて、寮生活やクリケットやフランス語の授業、というのがすごく楽しそうで、
わたしもだいすきでした。
出てくる少女たちはみんなふつうの、いいところもダメなところもある子たちで、
そういうのがよかったのかな~。
まさかそれを自分の子どもも読むとは思ってもいなかった。

真夜中に友だち同士でパーティをしたり、
気弱そうな先生にいたずらをしたり
(この、先生も人間らしく迷ったり葛藤したりするあたりが、今読むと心に響きます。
母親も100点じゃないように、先生だって父親だって、いつも100点満点なんかじゃないんですよね。)

  
おちゃめなふたごの探偵ノート (ポプラポケット文庫)おちゃめなふたごの探偵ノート (ポプラポケット文庫)
(2006/02)
エニド ブライトン

商品詳細を見る
おちゃめなふたごの秘密 (ポプラポケット文庫)おちゃめなふたごの秘密 (ポプラポケット文庫)
(2005/11)
エニド ブライトン

商品詳細を見る


シリーズで読むと、
プライドの高い転入生が入ってきたり、問題を抱えた子が入ってきたり。
私もまた読んでみよう。

そして、
もうひとつのはまっているシリーズというのがこれです。

 
動物と話せる少女リリアーネ〈1〉動物園は大さわぎ!動物と話せる少女リリアーネ〈1〉動物園は大さわぎ!
(2010/07)
タニヤ シュテーブナー

商品詳細を見る


こちらは動物とお話しできる女の子のおはなし。
全然知らなかったのだけれど、すごく人気みたいで、シリーズ12冊も!出ているんですね。
本屋さんで知りました。
私はまだ読んでいません。こちらもシリーズ全部読みたいな、と言っています。

ほかに、彼女が読んでおもしろいと言っていた本。

 
チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)
(1999/02)
大石 真

商品詳細を見る


↑ これは昔からの名著、なのかな?
 エクレアがめちゃくちゃおいしそうです♪子どもが大人をやりこめるお話し。

  
オトタケ先生の3つの授業オトタケ先生の3つの授業
(2011/07/14)
乙武 洋匡、下平 けーすけ 他

商品詳細を見る


↑これは学級文庫で借りてきた本。
 ピィチクの担任の先生は、2年生と変わらず同じ先生になったのですが、
若い女の先生で、ピィチクに言わせると、
「整理整頓が苦手そう」という、男っぽい、さばけた先生です(先生スミマセン)。

その先生が、自分で本を買ってきては、学級文庫にどんどん並べてくださるそうで
その中の一つのようです。
先生はよく命についてのお話をしてくれるそうで
(先生が小学生の時に事故で命を失いかけたことがあり、その経験などを話してくれるそう)、
きっと、そういう流れなのかな?
「ママ、いただきます、っていうのは命をいただく、っていうことなんだって。」
といって、
「先生にお話聞いてから、今までよりもっと、合わせる手に力が入るようになった」と言っていました。

長女はあまり自分の気持ちを外にさらけ出さない子(だと思う)で、
親の私にさえつかみきれないときが正直あります。
でも、そういうのを聞くと、
ちゃんと育っているんだな、先生ありがとうございます、という気持ちになります^^;(おっと、他人任せ)


下の子がはまっているのはお姉ちゃんに引き続き、あんびるやすこさんです。

  
なんでも魔女商会 (1) お洋服リフォーム支店 (おはなしガーデン)なんでも魔女商会 (1) お洋服リフォーム支店 (おはなしガーデン)
(2003/11/27)
あんびる やすこ

商品詳細を見る


とくに魔女紹介シリーズが大好きです。
次女は黄色大好き人間なので、黄色いドレスが出てくるお話のときは大興奮になります!!

なんでも魔女商会 (14) ナナのたんぽぽカーニバル (おはなしガーデン)なんでも魔女商会 (14) ナナのたんぽぽカーニバル (おはなしガーデン)
(2010/02/18)
あんびる やすこ

商品詳細を見る


たどたどしく字を追いながら、何日もかけて読んでいます。
そしてその後の妄想ごっこ遊びが始まると(←ひとりでぶつぶつ言いながら何か始める)、
私も長女も聞こえないふりをしています。
ときどき吹き出しそうになっちゃうんですけどね^^;

私に本を読んでもらうのもまだまだ大すきです。

私もこどももすきな絵本。

おばけのおつかい―さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも絵本)おばけのおつかい―さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも絵本)
(2008/07/10)
西平 あかね

商品詳細を見る


おばけのコックさん (こどものとも絵本)おばけのコックさん (こどものとも絵本)
(2012/06/06)
西平あかね

商品詳細を見る


さくぴーとたろぽうのふたりのこどものおばけのお話し。
ビーズ草とか、おばけビールとか、いろいろな「架空の」食べ物が出てきてすごく楽しいです。
これ、どんな味なんだろう~~
口の中でパチパチはじけるってどんなだろ~って、
上の子もちょくちょく会話に交じってきます。

おばけシリーズの最新話『おばけのえんそく』も、まだ単行本になっていない?けれど、
(こどものとも)
図書館で借りてきて、とっても楽しかったです♪

絵がきれいで大好きなのはあいかわらずやなぎむらシリーズ。

ほたるホテル―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)ほたるホテル―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)
(1998/10/20)
カズコ・G. ストーン

商品詳細を見る


サラダとまほうのおみせ―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)サラダとまほうのおみせ―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)
(1997/08/15)
カズコ・G.ストーン

商品詳細を見る


ふわふわふとん―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)ふわふわふとん―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)
(2001/10/31)
カズコ・G. ストーン

商品詳細を見る


ほかにもたくさんでています。
季節ごとの絵がすごくきれい。
絵で、季節や時間によってびみょうに違うひかりの感じが出せるんだなあって、うっとりしちゃいます。
子どもにもその絵の魅力は伝わるみたいです。
ちいさなアリの家族のセッセぼうやもとてもかわいらしいです。

ちなみに下の子はカタツムリのキララさんがだいすきで、
『サラダとまほうのお店』でキララさんが活躍する場面
(キララさんは活躍の直前までは、自分の無力さに大泣きしているんだけれど・・)
そこを何度も読んでといったり、ここいいよね、って言ったりします。

その子だけがすきな場面、っていうのもあるし、
誰もがやっぱり好きな場面、っていうのもあるし・・・、
楽しいものです。

そしてそして、
あんびるやすこさんといえば、
昨日、るるとららのこのシリーズを読んだ長女が、↓

ルルとララのカップケーキ (おはなし・ひろば)ルルとララのカップケーキ (おはなし・ひろば)
(2005/04/26)
あんびる やすこ

商品詳細を見る


とつぜん、
「これつくってみる!」といいだしました。
(今までも期待していたけど、作ってみる、といったことはなかった。)

すごくすごく手を出したかったけれど、それなら、と、
2人におだいどころを全部まかせて、つくらせてみました。
計量も、粉をはたくのも、レンジでチンするのも、全部ふたりで。
とちゅうケンカして気まずい雰囲気になったりしながらも(笑)つくってくれた蒸しケーキ!

 蒸しパン

紙コップを切って型にしたみたいで、
顔を書いたのは下の子のほう。
アフロヘアーの子など、できあがりました♪
昨日のおやつ。また作ってもらいたいな~。
(製作時間2時間超え!!途中、私はお昼寝させてもらいました^^;
 どうしても口を出したくなってむずむずするから、寝ちゃうのが一番!)

もうすぐGWも始まるし、
またこどもたちといろいろやって楽しみたいです。

komado**



スポンサーサイト
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
▼ プロフィール

komado**

Author:komado**
2人姉妹の母komado**です。

カタリ、コトリ、と小窓のとびらをときどき開けて、
日々のことを 綴っていきます。

※2015年~児童書の作家として活動しています。

※こぎん刺しの活動記録はこちら→☆hitoharico通信にて

ねこの風つくり工場
 
偕成社より 『ねこの風つくり工場』

528500.jpg

風つくり工場 第2弾 
 ~『工場見学のお客さま』

ねこが工場で風をつくっているお話です。
小学校中学年~



 

▼ カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ カテゴリ
▼ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼ リンク
▼ ありがとうございます**
▼ 検索フォーム

pagetop ↑

Copyright © 2018 komado** all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。