FC2ブログ
スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホドラー展

2014.12.09(Tue)

『おでかけ』 Comment-Trackback-
朝、子どもたちを見送ってすぐに駅に向かい、
上野の国立西洋美術館で開催中の『フェルディナント・ホドラー展』へ、
行ってきました。
今さっき、帰ってきたところで、
つめたい風が気になったので、朝干して行った洗濯物を急いでとりこみ、
お夕飯の昆布だしをしこみ、その流れで、今PCに向かってます。

先々週の日曜美術館でやっていて、
そのとき、かねがねうっすらと見に行きたいと思っていた気持ちが急にはじけて(笑)、
もう絶対に、子どもたちの冬休みの前に行こう!と決めていました。

思っていたよりすいていて、
ゆっくりと絵を眺めることができました。

ホドラーは、その平行のリズム、パラレリズム、というのが特徴のようで、
『オイリュトミー』や『感情Ⅲ』、音楽的でとってもきれいでした。
日曜美術館の中で江國香織さんが『オイリュトミー』のあかるい感じを
とても評されていましたが、
私も同感。色彩がやさしくて、思っていた通り、素敵でした。

私が一番好きだったのは『シェーブルから見たレマン湖』という風景画。

残念ながら画像がなく、
ポストカードもこの絵はなかったのでお見せできないのですが、
空の雲がレマン湖に映っている様子が線対照に描かれいて、
風景画の中にある「パラレリズム」、というのはこういうことなのかな、
なんて、時間をかけて眺めてきました。

湖に近い部分の空がうっすらと淡くレモン色で、
とてもきれいな絵でした。

よかった。


自分へのおみやげ。
ミュージアムショップに売っていたスイスのハーブキャンディ。
お察しの通り、缶に惹かれたのです。
Hodlerのロゴ、かっこいい!!

  ホドラー展

もうあと2分3分で下の子が帰ってきます!
取り急ぎ、感動をご報告。


スポンサーサイト
▼ プロフィール

komado**

Author:komado**
2人姉妹の母komado**です。

カタリ、コトリ、と小窓のとびらをときどき開けて、
日々のことを 綴っていきます。

※2015年~児童書の作家として活動しています。

※こぎん刺しの活動記録はこちら→☆hitoharico通信にて

ねこの風つくり工場
 
偕成社より 『ねこの風つくり工場』

528500.jpg

風つくり工場 第2弾 
 ~『工場見学のお客さま』

ねこが工場で風をつくっているお話です。
小学校中学年~



 

▼ カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ カテゴリ
▼ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

▼ リンク
▼ ありがとうございます**
▼ 検索フォーム

pagetop ↑

Copyright © 2018 komado** all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。